忍者ブログ

空ノ上のオアシス

このサイトは、PS・PSPゲーム『俺の屍を越えてゆけ(通称:俺屍)』とPSVita『俺屍2』の、プレイ記録やイラストを主としています。         更新頻度に波が大アリですが、ちょいとのぞいていただけると嬉しいですv(*´ω`)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その8:四きょうだい総出陣!


4月。外は、みだれひな祭りで賑わっています。
繭(まゆ)・尖(せん)・雨零(うれい)・四鹿丸(ししまる)の四きょうだいも
祭囃子にのせて、わっしょいわっしょいと掛け声を上げています。

「雨零がこんなに楽しそうにしてるの、珍しいな」
「雨零、最近ちょっとずつ笑うようになってきたわよね」
来訪時は溜め息ばっかりついていたあの娘も、だんだん変わってきたようです。




その7:さよなら初代三姉妹

年末に雫玖(しずく)を見送ってから、雲那家一同は年越しの準備に大わらわ。
泣いてちゃダメと自らを叱咤して動き回る現当主・翠々玖(すすく)におつかいを頼まれて
バタバタと街を駆け回る、第2世代の繭(まゆ)・尖(せん)・雨零(うれい)の三きょうだい。

そして、4人と1匹は新しい年を迎えました。


1121年1月。
「当主、今月はどうします…あっ」
翠々玖「しーっ!あの子たちには内緒よ」
内緒と言われてもそのうちバレて当然ですが、雫玖を失ってすぐに翠々玖にも
死期の予兆である痣が出ているなんて話、皆にはしないでほしいと翠々玖は言います。

翠々玖「雨零の訓練は私がするから、繭は尖と2人で討伐よろしくね」




その6:命の危機と命尽きるとき

神社の神様へのお供え物を買うお金にも困っていた雲那家。
お祀りしているのにお供え物が全く無いことがずっと気がかりでしたが、ここで朗報です!


雑貨屋さんが三割引のセール実施中!!

買ったお餅を持って神社へ駆けつけます。

先月、初代当主が死んじゃったけど、2人目の子どもの尖(せん)が初陣を飾ったよ。
尖はやる気が空回りしてるみたいだけど、繭(まゆ)も揃って無事帰って来たよ。
これからもよろしくね鹿島さん!