忍者ブログ

空ノ上のオアシス

このサイトは、PS・PSPゲーム『俺の屍を越えてゆけ(通称:俺屍)』とPSVita『俺屍2』の、プレイ記録やイラストを主としています。         更新頻度に波が大アリですが、ちょいとのぞいていただけると嬉しいですv(*´ω`)

その16:雪合戦と朔蔓槍に宿る想い

世代交代を終え、第3世代の時代が幕を開けました。

現当主・蒟(こん)、正(しょう)、沙夜(さや)、伍ツ喜(いつき)の4人。
雪の積もった屋敷の庭で仲良く遊んでいます。

伍ツ喜「沙夜ねえは何してるの?」
沙夜「大筒に雪玉つめてんだ。手で投げるよりもこっちのが勢い出るでしょ?って蒟ねえが」
「正!覚悟なさ~い♪」
「大筒は卑怯だって!!うわーーーーー!!!」
蒟が沙夜の大筒で放った雪玉は、見事正に命中。
正はそのまま気を失って雪の上に倒れこんでしまいました。

沙夜「夜鳥子さんもそっちで見てないで一緒にしようよ!」
夜鳥子「断る…!」
あんな激しい雪合戦、見ていて参加する気にはなりませんw

熾烈な雪合戦の後、伍ツ喜は正を心配して部屋を訪ねました。
伍ツ喜「正にい……大丈夫…?」
「ああ、大丈夫だよ。それより、今月来たばかりの伍ツ喜が、この雪合戦で
 家族と一気に打ち解けたことのほうがオレにとってはおっきな出来事だよ。

 雪合戦、楽しかったか?」
伍ツ喜「うん!」


月初めの数日遊んだら、出陣のときがやってきます。





百鬼祭り開催中とありますが、前回の百鬼祭りからあまり経っておらず
強くなった敵に苦戦している現在。
晴明戦は来年にまわすのが無難でしょう。
1年後となると、蒟と正はもう……と考えると暗くなりますが
この2人は前回の潮丸戦で晴明と対峙したからまだ救われるかな。
俺屍2でストーリーの節目となる戦いに一度も参加できないのは
本当に不本意だろうなと思うプレイ主です。

夜鳥子さんと伍ツ喜は、屋敷で指導と訓練です。


あ~!交神一覧見忘れてたよ!帰ったらチェックしま~す(゜▽゜ゞ

討伐先は氷結道。
雪合戦で健康度が若干落ちた正にしてみれば、なんでまたこんな寒い時期に氷結道…と
不満いっぱいなことでしょうw

しかし、いざ戦闘が始まると…

弓の指南キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

「うおっしゃーーーーー!!!」
単純なヤツです(笑)。

百鬼祭りの会場発見!
これで来年はゆとりをもって来られるね!(´▽`)

中に入って戦ってみますが、

天魔大将の攻撃が痛い!
これじゃ夜鳥子さんがいても晴明戦は難しかったかもしれません。

その後、祭壇に浮かぶ祭具を遠目で眺めて帰還。
蒟と正は、まだ見ぬ自分の子どもたちに希望を託しました。

そうしておとなしく帰還すると屋敷に送られてくるのがこの矢文。


そうそう、「消された神」も見ておこうか。

ん?このシルエットどこかで見たような…。
矢文の送り主とそっくりだぞ…???アレレ?(;'∀')



年が明けて、1月。

「雪合戦するわよー!!」
沙夜・伍ツ喜『わーい!』
「正は?」
「…夜鳥子さんとここで見てる」

この月の雪合戦は無事終了し、討伐に出かける日になりました。
夜鳥子さんと伍ツ喜は2ヶ月目の訓練に励みます。
出撃隊は、当主の蒟・正・沙夜、そして…

デフォルト他国・金雀枝国の瞳さん。
美人女剣士さんです。…早飯早グソが特技の(笑)。

出撃隊の向かう先は、金雀枝国の天衝くどん。
天衝くどんに行くのはこれが2回目。
前回は岩に阻まれて終わったんだよなぁ。今回はどこまで行けるか!?

おっ、ちょうどいいところに晴明さん。
 
やっぱり「消された神」のシルエットこの人にそっくりじゃないの!


「このっ…!!」
「蒟ねえ!おさえて!!」
今にも晴明に殴りかかろうとする蒟を、正が力一杯取り押さえます。
沙夜は力なく俯いて、目には涙を浮かべていました。
沙夜「ごめんなさい、取り乱しちゃって…」
瞳「いいのよ。ウチも同じだから」
雲那一族と同じ境遇にいる金雀枝一族の隊長さんの頬にも、悲しく光る雫が見えました。


「えーいい!!悔しいっ!突撃よーーー!!」

迷宮に入って外周を走っていると狐がたくさん!蒟はどこ??(←それはない)


鳥居から鳥居にワープするのね!
前作の鳥居千万宮を思い出して懐かしいですねこのシステム!(´ω`*)
罠にかかると自分がどこにいるのかわけわかんなくなるけどねw


剣の指南!
でも相手は天魔大将。やられないように逃げられないように気をつけて、っと!

「剣の指南書キターー!!!」



2月。
屋敷に籠りっきりで退屈していた夜鳥子さんと、初陣の伍ツ喜を出撃隊に動員。
当主の蒟は、屋敷で術を覚えるのに専念します。

夜鳥子「蒟、成長したな」
「え?」
夜鳥子「お前が初陣の頃はとにかく前に出て活躍したくてウズウズしていただろう。
 それが今では、家族の気持ちをくんで出撃隊を編成している」
「あ…あぁ。ま、たまには家でゆっくりするのもいいかなと思ってさ」


伍ツ喜の初陣です!
コーちん「やる気が空回りしてるっぽいから、気をつけて」
「はーい。ってええっ!?」
尖、正に続いてまたかよ!(屮゚Д゚)屮
 
討伐に出てみると、やる気が空回りしてるのは伍ツ喜よりも正のほうかもw

伍ツ喜の戦いぶりはといえば…

被ダメージが痛い!

反面、ダメージが通らない!


2ヶ月指導をつけていた伍ツ喜のピンチに熱くなる夜鳥子さん。

円子使えるんだから円子使おうよ!(笑)
夜鳥子さん、顔には出てないけどパニックになってるでしょ!(^▽^;)


沙夜はもうすぐ元服ですがこの様子じゃ、戦体質にはならなさそう。

大筒を撃ってもこんな感じで(;´・ω・)
沙夜は見た目によらず、戦うことが苦手な子なのかもしれない。


ザコ戦ですがなかなか決着がつけられなくて、春菜で回復するほどに。

このあとのザコ戦でも一戦一戦が長引き、
こないだの百鬼祭り下手に行ってなくて良かったよと弱気になっていると…

尖が助けに来てくれました…!
先代の加護って初めてだから、ってかこのシステム忘れるレベルで何もなかったから
不意打ちすぎて指が動かなかったよゴメン!(;TΔT)
歴代空回り3人組が揃って~!

空回りアターック!!(←嫌な名前だな)
やる気が空回りする3人が揃ったところで、大事な一撃が空振りしなくて良かったw

正の初陣を見届けることなく逝ってしまった尖。
あれから約1年の時を経て、父子が再会を果たしました。
「大きくなったな、正…」
懐かしい声で、正にはそう聞こえた気がしました。