忍者ブログ

空ノ上のオアシス

このサイトは、PS・PSPゲーム『俺の屍を越えてゆけ(通称:俺屍)』とPSVita『俺屍2』の、プレイ記録やイラストを主としています。         更新頻度に波が大アリですが、ちょいとのぞいていただけると嬉しいですv(*´ω`)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

若狭丸(わかさまる)/弓使い



初代の2人目の子供。
親神:火降り童子(火神)


第2代目 当主

1018年7月~1019年12月

交神の画面で彼の顔を見たとき、怖かったです・・・。   
早くも我が一族にヤクザが来た~

だって、生まれて間もない子がこんな顔してても怖いのに
この場合まだ生まれてもない子にこんな顔されるんですよ~! 
いろんな意味で怖いですよね。

若狭丸は、烈とは進言が全く違っていました。
1つか2つが通常攻撃(前・後)で、残りが火系の術のパターン。
烈の後に見ると、こっちの方が全く良いように思えますが、実はそうでもありません。
烈はメンバーの体力に気を使って、回復も進言してくれますが、
若狭丸はそうはいきません。
進言却下しないと回復してくれません・・・;


「痛い・・・あちこち痛い・・・
 こりゃ、鬼と戦ってるほうが
 なんぼかましだ・・・」

葦切四夜子と交神――明香里