忍者ブログ

空ノ上のオアシス

このサイトは、PS・PSPゲーム『俺の屍を越えてゆけ(通称:俺屍)』とPSVita『俺屍2』の、プレイ記録やイラストを主としています。         更新頻度に波が大アリですが、ちょいとのぞいていただけると嬉しいですv(*´ω`)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その13:喜びのガッツポーズ

4月。
隊長を任せられた四鹿丸(ししまる)と
蒟(こん)・夜鳥子さんの3人が烏森宮国の焔獄道へ出陣。
雨零(うれい)は屋敷に残って正(しょう)の指導に当たります。


ここ、あまり来てなかったみたいですね。迷宮の紹介をしてくれました^^;

焔獄道の劫火は悲しみも怒りも浄化する。
その話を聞いて炎の中に飛び込もうとした四鹿丸を、蒟と夜鳥子さんが必死で止めました。
姉兄たちを慕っていた末っ子の四鹿丸は、繭や先月の尖の死がまだ受け入れられません。




その12:空回りの人生だったけど…

3月。
よく、「◌◌国、百鬼祭り△月」の記述を見て首を傾げていたプレイ主。
ここでやっとその意味がわかりました。

 
自国で開催された最初の百鬼祭りが3月だった雲那国では、毎年3月になると
アナウンスがなくても、晴明がいなくても
最初の百鬼祭りの指定迷宮の同じ場所で百鬼祭りは開催されているんですね。

というわけで、百鬼祭り会場をめざして自国の龍穴鯉のぼりへ出陣!
出撃隊は、現当主の雨零(うれい)・四鹿丸(ししまる)・蒟(こん)・夜鳥子さん。
尖(せん)と正(しょう)の親子は、指導と訓練のためにお留守番。





その11:前列担当(希望)の狐耳娘

10月。
先月の百鬼祭りでわかったように、雲那家でも夜鳥子さんを転生させるときが来ました。
が、転生のタイミングがよくわからない…。
ですので、そろそろ第2世代の交神を行いたいと思います!

元服時に面食いと聞いていた繭(まゆ)。
だったらお相手はイケメンに限りますね!

イケメンイケメン…と交神一覧を見渡して、っと。
稲荷ノ狐次郎さまで決まりね!(*´▽`*)b





その10:2度目の百鬼祭り


初代が亡くなってすぐに矢文が射られ、しんみりした空気をぶち壊されてから早11ヶ月(笑)。
晴明直々に矢文で知らせてきた、9月の百鬼祭りの時期になりました。

2度目の百鬼祭りに挑むのは、この面々。

3代目当主の繭(まゆ)・尖(せん)・雨零(うれい)・四鹿丸(ししまる)の四きょうだい。
初めての百鬼祭りに挑んだのがこの子たちの母親、初代三姉妹だったこと、
その百鬼祭りから帰ってすぐに現当主の繭が来訪したことを思い返すとなんだか感慨深いです。