忍者ブログ

空ノ上のオアシス

このサイトは、PS・PSPゲーム『俺の屍を越えてゆけ(通称:俺屍)』とPSVita『俺屍2』の、プレイ記録やイラストを主としています。         更新頻度に波が大アリですが、ちょいとのぞいていただけると嬉しいですv(*´ω`)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その23:新米当主の苦悩

1124年9月。

直衛門(なおえもん)「いつもあの船 海岸に泊まってますが、何かに使うんですか?」
郁巳(いくみ)「なんだろう?漁船ではなさそうだし…」
和(なごみ)「動いてるところ見たことないよね」

夜鳥子「あれは遠征用の船だ。」

和・郁巳・直衛門『遠征!??』


遠征に興味津々な3人のために、わらび餅様宅の一亘国へ出かけます。
初代の娘息子たち、四きょうだいの代以来にお邪魔します!



岳(がく)
「舵取りなら任せな!!」

初陣で一度乗っただけの岳ですが、その一度で会得してしまったようです。
自信に満ちた表情で腕まくりをして現れました。